お知らせ・STAFFブログ

一日も早い復旧を願います。

8日朝、博多駅前で、道路が大規模に陥没し、周辺のビルに避難勧告が出されたほか停電やガスの供給停止など影響が広がっています。

私も現場から50Mほど離れたホテルに宿泊しており、サイレンの音で目が覚めました。福岡市は、市営地下鉄の延伸工事が原因だという見方を示しました。陥没した現場付近では、福岡市の市営地下鉄の路線を延伸する工事が行われていました。

福岡市は、おととしから市営地下鉄七隈線を延伸する工事を行っています。専門家によりますと、地下水の影響や、老朽化した下水管から水が漏れて、地下の土砂が押し流されると、支えを失った地盤が大きく陥没することがあるということです。

特に、都市部では、地下空間に水道管やガス管、電気のケーブルが埋設されているほか、地下鉄が通っているケースもあり、ひとたび陥没事故が起きるとインフラなどにも深刻な影響が出るおそれがあるということです。

幸いに、迅速な対により、けが人はなかったようです。一日も早い復旧を願います。

福吉浩樹